2009-05-06

帰国と検疫.

さて,ドキドキの帰国便です.
少し期待していたのですが,
搭乗口で名前を呼ばれることは
残念ながらありませんでした.
帰りもエコノミーか…(疲)
アナウンスでは満席とのことでしたが,
僕の席の隣2つは空いてました.
不幸中の幸い(?)

ビジネスクラスのシートがフルフラットになり,
いろいろと待遇が良くなった分,
エコノミークラスについては
悪くなった気がするよなー,などと
実際のところよくわからないことを考えつつ.

関空に到着して,いよいよ検疫です.
検疫官が1人1人の体温を測っていくんですが,
額に光を当てて(何かの反応を見て?)
計測できるんですね.面白い.

計測は30分足らずで終わったはずですが,
ごちゃごちゃと結局1時間ほど待たされました.
# 事前にそれくらい掛かる旨
# アナウンスしておいてほしいものです.

『声をかけた人以外は退出して頂いて結構です』

…え?
そんな明らさまに「怪しい人がいます」的な
アナウンスしちゃっていいの?
何か大問題になってたりして….
イヤな感じだけど,一応解放された…よな?

後になってニュースで知ったことは,
インフルエンザ感染者が何人かいたとのこと.
例の新型ではなかったようですが.
新型でなければ良かった,というのも
どうかと思うんですけどねぇ.
categoryGeneral  time23:09  author*□ 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Trackbacks

このエントリにトラックバックはありません